【2022年4月7日】ダイジェスト

この記事は約3分で読めます。
【2022年4月7日】ダイジェスト

2022年4月7日に気になった記事とファクトチェック(参照元リンク)です。

「ゴールデンカムイ」は、4月28日発売の「YJ!」で完結します。最終回を含む全話を無料配信

野田サトル「ゴールデンカムイ」は、4月28日発売の週刊ヤングジャンプ(集英社)22・23合併号で完結する予定です。

『ゴールデンカムイ』全話無料!
狂った犬の様に伴走れ!『ゴールデンカムイ』ラストスパート全話無料大公開!!

阿部寛のホームページが速いのは、HTMLが15行しかないからだ」と言い、「話がわかる」と言われると照れる

阿部寛のHPで「HTMLがたった15行だからはやい」と”わかってる人感”を出されると恥ずかしくなる話
結局阿部寛だからって話なんだよ

インスタグラムの「ハッシュタグ」とは?使う理由、付け方、選び方など効果的な使い方を解説

Instagramユーザーであれば、一度はハッシュタグについて考えたことがあるのではないでしょうか。”自分の投稿をもっと多くの人に見てもらいたい!”と思ったことがあるのではないでしょうか。企業のSNSを担当しているが、うまく機能していない」など、Instagramの運用に悩みを抱えている人にとっても、ハッシュタグの知識は重要です。

Instagramの「ハッシュタグ」とは? 使う理由や付け方、選び方など有効的な活用方法を解説 | 今日から試せるネットショップ運営ノウハウ powered by カラーミーショップ
Instagram運用で重要な「ハッシュタグ」。効果的な使い方や選び方を解説します!

ロゴをリッチにする SVGアニメーションを簡単に作成

SVG(Scalable Vector Graphics)は、XMLをベースにしたベクターデータからなる画像フォーマットの一種です。Webサイトでよく使われる「PNG」や「JPG」などの画像フォーマットは、ドットの集まりからなるビットマップデータだが、このビットマップデータは、編集のために画像を拡大・縮小すると画質が劣化してしまうという特徴がある。一方、ベクターデータは、点や線などの情報を数値化し、演算処理によって画像を再現するため、画像を拡大・縮小しても画質が劣化しないのが特徴です。

ロゴをリッチに!?SVGアニメーションの簡単作成
皆さん、こんにちは。サツキです。今回は、SVGアニメーションの話をしようと思います。「SVGアニメーション」と聞いて難しいのでは?と思った方もおられるかもしれませんが、今回はCSSのみを使用した簡単に実装できるSVGアニメーションをご紹介し

ウェブ制作者は要チェックです 2022年版、CSSフレームワークのまとめ

最近注目されているクラスレスCSSフレームワーク、ユーティリティファーストのCSSフレームワーク、印刷やメールなどに特化したCSSフレームワークなど、Web制作者がチェックすべきCSSフレームワークを紹介します。

  • ベース・CSSリセット・ノーマライズ
  • クラスレスのCSSフレームワーク
  • 超軽量のCSSフレームワーク
  • 汎用性に優れたCSSフレームワーク
  • Material DesignのCSSフレームワーク
  • ユーティリティベースのCSSフレームワーク
  • 特化型のCSSフレームワーク
  • ツールキット
Web制作者がチェックしておきたい! 2022年版、CSSフレームワークのまとめ
ここ数年定番のCSSフレームワークをはじめ、最近注目されているクラスレスのCSSフレームワーク、ユーティリティファーストのCSSフレームワーク、印刷やメールなどに特化されたCSSフレームワークなど、W

プロを目指す人のためのTypeScript入門 安全なコードの書き方から高度な型の使い方まで

TypeScriptは、JavaScriptに静的型付け機能を追加した、オープンソースのプログラミング言語です。本書では、TypeScriptの仕様や機能を、その基礎となるJavaScriptの仕様と同様に解説しています。

プロを目指す人のためのTypeScript入門 安全なコードの書き方から高度な型の使い方まで
TypeScriptは,JavaScriptに静的型付けの機能を加えたオープンソースのプログラミング言語です。本書では,根幹となるJavaScriptの仕様・機能とともに,TypeScript独自の仕様・機能を解説します。TypeScriptの基礎知識はこれ一冊だけで学べます。 静的型付き言語は世にいくつもありますが...

自動出荷率が90%を突破 Shopifyユーザーから絶大な信頼を得ているEC自動出荷システム「Shopify」と約4年前から連携している。Shopify」ユーザーの物流生産性を向上させる「LOGILESS(ロジレス)」とは?

ロジレス」と「Shopify」の連携の歴史は長く、2017年9月からすでにAPI連携を実現しています。すでに2017年9月よりAPI連携を実現し、Shopifyで構築されたECサイトのバックオフィス業務(受注~出荷など)を効率化し、生産性を向上させた実績があります。

自動出荷率90%超え!「Shopify」利用企業から厚い信頼を得るEC自動出荷システム。「Shopify」との連携実績は約4年。「Shopify」利用者の物流生産性を向上する「LOGILESS」とは | ネットショップ担当者フォーラム
「Shopify」との連携で自動出荷を実現する「LOGILESS」について、ロジレスの足立直之氏が解説

コメント