【2022年4月1日】ダイジェスト

この記事は約4分で読めます。
【2022年4月1日】ダイジェスト

2022年4月1日に気になった記事とファクトチェック(参照元リンク)です。

複数のキーワードからメール文やニュース記事を作成し、約6秒で日本語の文章を生成するライティングAIが登場

開発したのは、東京大学松尾研究室発のAIスタートアップ、ELYZA(エリーザ)。自然言語処理(NLP)技術の研究開発を行ってきた同社は、キーワードから日本語の文章を約6秒で生成できる大規模言語AIを開発した。「ELYZA Pencil」は、このモデルを活用したサービスです。キーワードをもとにした文章を約6秒で完成させる。ユーザーは3種類の文章を選択することができます。「ニュース記事」「ビジネス用のメール文」「職務経歴書」の3種類から選ぶことができます。今回公開されたサイトは、デモサイトという位置づけで、無料で利用することができる。

現在はニュース記事、メール文、職務経歴書を生成することができる

「VUCA」と「マネジメント」2個のキーワードでニュース記事作ってみた

「VUCA」と「マネジメント」2個のキーワード

「アベノマスク」と「議員辞職」2個のキーワードでニュース記事作ってみた

「アベノマスク」と「議員辞職」2個のキーワード

「タイタニック」と「コンコルド」2個のキーワードでニュース記事

「タイタニック」と「コンコルド」2個のキーワード
約6秒で日本語文章を生成する執筆AIが公開、複数のキーワードからメール文やニュース記事を作成 | DIAMOND SIGNAL
キーワードを入力すると、それに沿った日本語の文章が約6秒で生成される──。そんな“文章執筆AI”が3月28日に公開された。

PIVOT、経済コンテンツアプリの提供を開始、連載記事・動画番組など100コンテンツを一挙に配信

コンテンツの力で経済と人を動かす株式会社ピヴォ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐々木紀彦、以下ピヴォ)は、2022年3月15日に経済コンテンツアプリ「PIVOT」をリリースしました。PIVOTは、「Global & Innovation」をコンセプトに、世界中の多様な情報や知識を伝える記事や動画番組、イノベーションの最前線にいる挑戦者のストーリーなど、100のコンテンツを一挙に配信していく予定です。また、配信開始を記念して、本日より1ヶ月間(3月15日~4月14日)、新規登録キャンペーンを実施します。アプリケーションをダウンロード後、簡単なプロフィールを登録していただいた方に、3,000コインをプレゼントし、60本の記事を無料で閲覧できるようにします。

‎PIVOT -経済コンテンツ・プラットフォーム-
‎PIVOTは、ビジネスコンテンツ(映像、活字)に特化したアプリです。 100を超えるシリーズの全てが「毎日1話無料」で楽しめます。 令和ニュースタイルを実践する起業家、ビジネスパーソン、クリエーターなどのコンテンツを深く早くお届けします。 【PIVOTの3つの特徴】 特徴1:100シリーズ以上のオリジナルコンテンツ...

2028年には3兆円市場を予測 – 韓国発の「ウェブトゥーン」が世界を席巻する理由

2028年には3兆円市場の予測も──韓国発「ウェブトゥーン」はなぜ世界を席巻しているのか | DIAMOND SIGNAL
片手で隙間時間に手軽に読める、韓国発の縦読みデジタルコミック「ウェブトゥーン(Webtoon)」が、日本でもコミックアプリなどで人気を博している。Netflix製作の『梨泰院クラス』『Sweet Home ー俺と世界の絶望ー』をはじめ、ドラマ原作としても世界で注目されるウェブトゥーン。その特徴や市場規模などについて紹介...

プーチンはなぜ世界の敵に対しても戦争をし続けるのか

ウクライナ戦争は長期化し、3月29日にはイスタンブールで第5回停戦交渉が行われたが、具体的な成果は得られず終了した。戦争の行方はまだわからないが、現段階で「敗北」が明確になっている国もある。その国とは、日本である。今回の交渉では、ウクライナは停戦条件を文書で提出し、ロシアは首都キエフへの攻撃を縮小することを表明した。一見、交渉が進んでいるように見えるが、停戦への希望は盛り上がっていない。実現不可能だからであり、言葉とは裏腹にロシアは攻撃のスピードを緩めることさえしていない。

「文句があるなら、かかってこい」世界を敵に回しても、プーチンが戦争を続ける理由(長谷川 幸洋) @gendai_biz
ウクライナの戦争は長期化の様相を呈してきた。3月29日には、イスタンブールで5回目の停戦交渉が開かれたが、具体的な成果はないまま、終わった。戦争の行方は見通せないが、ここまでの段階で「敗北」が明確になった国もある。それは、日本だ。

ウクライナ侵攻後、プーチン大統領の支持率は83%に上昇

ロシア情報なのでファクト不明

ロシアの独立系調査機関レバダ・センター(Levada Center)によると、ロシアのウクライナ侵攻後に行われた世論調査で、プーチン大統領の行動を支持する回答者が83%に上り、2月初旬の調査から12ポイント上昇した。センター)が本日発表した。

ロシア大統領の支持率83% ウクライナ侵攻後に上昇
【3月31日 AFP】ロシアによるウクライナ侵攻後に行われた世論調査で、ウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領の行動を支持するとの回答が83%に上り、2月初めの調査から12ポイント上昇したと、ロシア独立系調査機関レバダ・センター(Levada Centre)が発表した。

Google、Chromeに新たなトラッキング技術「Topics」を導入

Googleは、多くの批判を受けて放棄された広告のトラッキング技術であるFederated Learning of Cohorts (FLoC) に代わるものとして、「トピック」のテストを開始したと報じられています。

Googleが新しい追跡技術「トピック」をChromeに導入
Googleが、多くの批判を受けて頓挫した広告用のトラッキング技術であるFederated Learning of Cohorts(FLoC)に代わるものとして、「トピック」のテストを開始したと報じられています。

メタバースを批判する人たちの3つの誤解。革命の本質は「インターネットの三次元化」

メタバースを冷笑する人たちの「3つの誤解」、革命の本質は“インターネットの3次元化” | DIAMOND SIGNAL
昨今、話題になっている「メタバース」について、みなさんはどのような認識を持っているだろうか? 現在、日本では「インターネット以来の革命だ」という人もいれば、「あんなものはいかがわしい」とバカにする人もいる。そんな現状に対し、スペースデータ代表取締役社長の佐藤航陽氏は「メタバースに関する3種類の誤解が渦巻いている」と語る...

早くしてくれ!” と言われたら、まず最初にすることは

Miroだけでスクラム

「急いで作って!」と言われたとき、私がまずやること→Miroだけでスクラム

開発者にとってのローコードの利点–プログラミングの次の変革のためのキーテクノロジー

ローコードは開発者不足の解決策と捉えられがちですが、API連携やコード共有、AIを一緒に使うなど、ローコードの新しい活用方法を考えることで、その立場は変わろうとしています。

ローコードの利点は開発者にも--プログラミングの次なる変革で鍵となる技術
ローコードは開発者不足への対処という見方をされることが多いが、その位置づけが変わろうとしている。APIとの連携、コードの共有、AIの併用などの点から、ローコードの新しい活用方法を考える。

コメント